資産形成本の書評と実践、ときどきSPXL積立投資

世に数多ある資産形成にかかわる書籍は玉石混交。皆さんに代わってその書評を行います。そして実践としての投資を行い公開する予定です。書評についてはなるべくポイントの要約にとどめますが、時にネタバレしてしまうことを了承ください。そして投資は自己責任で。

【SPXL積立投資】終値67.60ドル 686口保有  S&P500連日最高値もヘンなニュースも飛び交って

SPXLの終値は67.60ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は686。

通算収支は137万4783円のプラス。

評価総額は484万5125円です。 

f:id:over40spxl:20201203155445g:plain


S&P500指数も史上最高値を記録しています。しかしまだバブルのピークではないと考えています。コロナによって世界の不透明性が存在し続けることで、政府や中央銀行の政策に「期待」が生じ、それが「まだ上がる」という投資行動につながると考えるからです。

わかりやすい説明を山崎元さんがしてくれています。この方は本当に文章が上手いですね。コロナによって時計が逆回転し、バブルのピークまでの猶予時間が増えたというのは、まさに卓見だと思います。

diamond.jp

 不透明性こそ株価上昇の根源です。これがなくなったとき、あらゆる「噂」が「事実」になり、売る判断をする人も増えるのでしょう。

 そうした意味では、このようなフェイクニュースっぽい情報錯綜も、個人的には歓迎です。くだらないとは思いますけど・・・。

 先の山崎元さんなどは積立投資に否定的で、気休めにしかならないとおっしゃっています。それは確かにその通り。しかしSPXLのような底で拾うことに大きな勝機がある金融商品においては、株価上昇についていきながらも資金を切らさない、ゆっくりとした投資、私の場合は毎日積立になりますが、そのペースを維持することには一定の意義があると考えています。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資】終値65.98ドル 681口保有 S&P500最高値もロックダウンによる急落を考慮し慎重に買い増し

SPXLの終値は65.98ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は681。

通算収支は123万6144円のプラス。

評価総額は467万1630円です。 

f:id:over40spxl:20201129125647g:plain

ダウが史上初の30,000ドルを突破し、S&P500指数も史上最高値を記録しました。

www.bloomberg.co.jp

めでたい事ではありますが、実体経済を反映したものとは言えないのは世間の一致した認識ですね。ワクチンの開発も順調のようですが「噂で買って事実で売る」の言葉通り、将来の期待の余地が少なくなったということでもあります。これから本当に上がるかどうかは中央銀行の緩和政策と企業業績がどれほど市場価格に反映されるかです。

また、株価が好調でも海外では再び都市封鎖などの厳しい措置が国全体で強制力を持つ形で取られる可能性が高く、そうなりますとショックで下げることが予測されます。

www.bloomberg.co.jp

ただ、人間はグッドニュースにもバッドニュースにも麻痺する生き物ですから、最初の暴落とまではいかないでしょう。何があっても対応できるように資金を切らさないためには、ゆっくりとした積立ペースを維持することが重要です。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資】終値62.76ドル 678口保有 穏健で実務的な民主党政権を期待

SPXLの終値は62.76ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は678。

通算収支は102万9944円のプラス。

評価総額は444万4918円です。 

f:id:over40spxl:20201124174748g:plain

体調も徐々に回復してきました。SPXLの価格は一進一退ですが、バイデン政権への移行が、想定していた最悪シナリオほどでなく、思ったより円滑に進んでいることで市況は落ち着きを取り戻しているように感じます。

www.bloomberg.co.jp

新政権に極左人材を登用される懸念が一部ありましたが、思ったより穏健。民主党を地道に支えてきた人材が重要ポストに登用される見込みなのも好材料です。

財務長官にイエレン氏が充てられるという情報も、大きな安心材料でした。政治の波乱は市況の敵。とにかく政治ニュースがニュースにならないくらいの状態が最も企業業績をまっとうに反映する健全な社会です。

そうした社会になるかどうか。もう少し慎重に見極めたいものです。 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資・番外編】終値64.45ドル 674口保有 高熱が続く

コロナじゃないんですが、濃厚接触と特定されたので、家族のために某施設に自主隔離です。 

f:id:over40spxl:20201118143347j:plain

f:id:over40spxl:20201118084815j:plain

本人は病んでも米国は復活する。して欲しい。過熱感は少しありますね。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資】終値63.12ドル 670口保有 米国指数堅調も本人が体調不良でダウン!

SPXLの終値は63.12ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は670。

通算収支は107万6648円のプラス。

評価総額は443万7966円です。 

f:id:over40spxl:20201114124104j:plain

体調不良で臥せっています。コロナじゃないはずですが。健康第一です。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資】終値62.41ドル 667口保有 収支が100万円のプラスに!

SPXLの終値は62.41ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は667。

通算収支は103万4541円のプラス。

評価総額は437万3918円です。 

f:id:over40spxl:20201112062804j:plain

 

TECLのように特定の業種に偏らない、単なるS&P500指数ETFの値動き3倍バージョンであるSPXL。政治の不透明感がなくなったことで、すこしずつ上昇しています。

2%くらいの上昇が一番安心して見ていられますね。日本円での収支も100万円を超えました。SPXLにおいてこうしたものは一瞬の出来事にすぎませんが、まあ嬉しいといえば嬉しいです。

ただ、アメリカは何が起きるか分からない国ですので、本当は一気に資金投入したい(理屈ではそれが一番合理的)のですが、もうしばらくマーケットの様子を見たいと思います。

jp.reuters.com

政治や金融政策より、むしろ新型コロナウイルス感染症者数の世界中での再拡大が気になりますね。

特にヨーロッパは必要と認めれば容赦なくロックダウンしますから、そうなったらアメリカ市場への波及もあるでしょう。コロナ、本当にどうにかならないものでしょうかね。

できることはペースを守って淡々積立。大暴落の時に投資資金が無くて悔しい思いをするのだけは避けたいものです。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【SPXL積立投資】終値60.86ドル 665口保有 淡々と積立再開しています

SPXLの終値は60.86ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は665。

通算収支は91万9778円のプラス。

評価総額は424万8346円です。 

f:id:over40spxl:20201111061910j:plain

淡々と積み増しを再開しています。大統領選挙は完全に過去の話。
経済緩和策とコロナウイルスの拡大と、ワクチン開発の動向が市況の鍵でしょう。

jp.reuters.com

ファイザーによるワクチン開発の期待できるニュースでマーケットは一瞬賑わいましたが、まだFDAに承認されたわけでなければ社会で効果が確認されたわけではありません。実際に接種してみると重篤な副作用が出て、急遽承認取り消しなんて事は当たり前のようにあるのが製薬業界です。

過剰な期待は落胆下げを招きますので、ここでもペースを守って淡々積立です。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。

【実践】産業ファンド投資法人から第26期分配金です

 

f:id:over40spxl:20201107155018j:plain

配当目当てで保有している産業ファンド投資法人から分配金が届きました。NISA口座で2口保有しており、5,664円の入金です。

www.iif-reit.com

高配当目当てでいくつかのREIT保有していますが、産業ファンド投資法人は市場価格がそこそこ上がってしまい、現在3.4%程度の利回り。決して高配当とはいえませんね。

 

私はBtoCをいまいち信用できないところがあり、REITもホテルや賃貸マンションをテーマとしたものは持たないようにしています。その点物流は景気はあまり関係なく、EC取引は今後も増加のトレンドですから、物流法人は相対的に安定的だと考えています。現在のコロナ禍でマンション系REITは退去も出始めてますが、この産業ファンド投資法人稼働率100%の格付けもJCRでAAですから、まあ安定していると言えましょう。

物流REITといっても旗艦物件は「羽田空港メインテナンスセンター」です。

www.jal.co.jp

そして次が湘南ヘルスインベーションセンターです。

www.shonan-health-innovation-park.com

必ずしも物流施設だけの保有ではなく、産業インフラ施設全体に投資しています。

飛行機が飛ばない時代でもメンテナンスだけは絶対欠かせません。そして研究施設もいかなる時代も動きを止められないものです。こうした施設は管理運営はREITに任せ、メンテなり研究なりに集中してもらいたいものです。

ただし、立地の良い物流施設・産業施設も同業REITと奪い合いですから、新規の取得は難しくなっているでしょう。今期の報告でも厚木ロジスティクスセンターを売却し、新たに新川崎R&Dセンターを取得するなど、ポートフォリオの機動的な組み換えを行っており、NAV(Net Asset Value)ざっくりいうと投資一口あたりの純資産割合は増加しております。

昔ほどのイケイケの資産拡大期は終わったのでしょうが、これからもポートフォリオの質を高め、安定的に分配金を出してもらいたいと思います。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

【支出の最適化】グランズレメディがめっちゃ売れてます

「支出の最適化」のための効果絶大の知られざる商品、グッズグランズレメディを紹介したところ、とても買ってくれる人が多く、とても驚いています。

買ってくれた人もメッセージをくれて「すごい!」と単に紹介リンクを貼っただけの私に感謝してくれる始末です。紹介しただけなのに。

over40spxl.hatenadiary.jp

 元の記事にも書きましたが、このような凄い商品が東急ハンズやロフトくらいにしか売っていないのが、本当に謎です。いかに長持ちさせずに、買い替えしてもらいたいのか靴屋さんの思惑が見えます。 

まあ凄い商品です。元記事にも書きましたが、グランズレメディを撒いた翌朝、靴の牛革とゴム底の匂いしかしないというのは本当にカルチャーショックです。

というわけで、もう一度貼りますので、こちらのリンクから是非この感動を味わってください。よろしくお願いします。

本当に匂いが、文字通り「消え去り」ますから。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

【SPXL積立投資】終値59.14ドル 660口保有 積立ペースを通常運転に

SPXLの終値は59.14ドル。

NISA口座と特定口座の合計保有口数は660。

通算収支は74万5290円のプラス。

評価総額は403万9474円です。 

f:id:over40spxl:20201107162654j:plain

市場は完全に大統領選挙のグダグダ・ダラダラモードを織り込んだようです。

2021年まで大統領が決まらなくても、「そうですか」という感じになってきましたね。

mainichi.jp

 

法廷闘争も、現職大統領が望む展開には簡単にはならないそうで・・・

gendai.ismedia.jp

 ようするに法廷闘争も視野に入れて連邦最高裁判事の人事を急いだけれども、保守派の判事も現職を必ずしも支持しない判断を示し始めているようです。大手マスコミニュースは現職大統領の会見を途中で打ち切り(なんという意地悪!最初から放映しないより悪意がありますね)、包囲網は徐々に狭まっている感じがしますね。

先がどうなるか分からない時だからこそ、機械的な買い増しが意味を持ちます。稲妻の瞬間はキャッチできなくても、大きく負けない、そこそこ勝つのがS&P500指数への積立投資です。

まあSPXLやってるような欲深い人間が稲妻の瞬間を取ろうというのは、厚かましいにもほどがありますね(笑)。

アメリカ市場投資の良いところは、日本人にとってみれば日中働いている時間に余計なことを考えずに済むことです。日中は職場でしっかり働き、機械的に自分の無理のないペースで積立投資を続ける。そして時々朝起きてビックリする。この屈折した醍醐味w

そろそろ通常運転に戻りましょう。アメリカ大統領選挙のニュースは飽きてしまいました。 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

トップページはコチラです。

SPXLの積立投資のカテゴリはコチラです。